自然に還る

人は自然から産まれ、自然に還るのだという考えが私は好きだ。
生きている間は、人工物に囲まれている。そうでもなければ生活していられない。私たちは自然から産まれ、人工の手で育ち、そしてやがて自然に還るという道筋が一番適していると思う。

産まれ方までは選べない。育ち方にも色々な理由があって、自由にはできない。だからせめて、死に方だけは自分の好きにしたいと思う。
そういう考えから、私は自分の葬儀は、ぜひとも樹木葬にして欲しいと思っている。

樹木葬とは自然葬とも呼ばれる。文字通り、自然の中で葬られる、そんな葬儀の形だ。
少し前まではこんな葬儀の形、実現することもできなかっただろう。だが、今では樹木葬専用の霊園があり、こう言っては何だが、けっこう人気があるらしい。やはり、死んだ後のことを考えると、自然に近い形で葬られたいと願う人は多いのではないだろうか。

昔ながらの葬儀の形を常識と思っている人にとっては、樹木葬というのは何だかうら寂しい、簡素過ぎるというイメージを持つのではないだろうか。
だが、自分のこととして考えてみると、樹木葬には寂しいとか、簡素だという言葉は似つかわしくないと感じている。

確かに立派な墓石はない。樹木葬では、自然に植わった樹木を墓標の代わりとするため、墓石を用意することはない。
墓地にあたる面積も広々としているわけではないし、個人個人でくくられているわけでもない。合同墓地になることも多い。

だが、そこにあるのは、紛れもなく自然だと思う。私たちが産まれ、そして還っていく場所として、相応しい環境とは言えないだろうか。

LINK LIST

葬儀のことなら東京で経験がある業者がしっかり対応してくれますよ!|セレモニーユニオン
心のこもった素敵な葬儀は宇都宮のこちらへ|小さな葬儀社

さいたま市には葬儀をとても丁寧に行ってくれる所があります|葬送空間はるか
葬儀の相談は横浜の専門業者がおすすめ│ゴダイゴ平川葬祭

Posted by soccersportonline.com in - Comments (0)
19 11月

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。